自動車保険 相場

車両保険には加入したほうが良いのか?

自動車保険は事故により人や物を傷つけた場合の補償を行う契約以外にも、自身が運転する車が傷ついた場合に備える車両保険と呼ばれる保険もあります。

 

車を所有する中では傷が付く機会は様々あるもので、事故だけでなく盗難やいたずらの被害を受けたり、または自然災害が非常に多い日本では台風や地震など様々な危険と隣り合わせているといえます。

 

車両保険はこうした事態による車が受けた損害を補償するもので、車体だけでなく装備も対象となるので万が一の備えとしては非常に頼もしい保険だと言えます。

 

この保険は自動車保険に加入すると必ず付随する補償ではなく、付随して契約しておきたいと希望する方のみが加入することになるのですが、実は様々な契約がある中でも3割程度と加入率が非常に低く、この保険に入るべきかで悩む方も多いと言います。

 

補償が厚いほうが安心できると言えますが、なぜ保険に入るべきか悩む方が多いのでしょう。これは保険料と大きく関係しており、車両保険に加入すると一気に保険料が上昇することが原因として挙げられます。

 

そうしたことから加入を控えると言う方もいるのですが、そもそもこの保険の必要性はどれくらいあるといえるのでしょうか。

 

例えば年間走行距離が長い方の場合、また営業用として利用している方の場合は車両が傷つく機会も多いので、加入した方が賢明かもしれません。

 

一方で普段あまり乗らないと言う方や、そもそも自動車の価格が安く修理も安く済むのであれば、あえて高いお金を払ってまで加入する必要はないといえます。

車両保険に加入するべきか※自動車保険の相場を知ることがなぜ重要なのか?関連ページ

補償内容と掛金
相手方への補償
自分や同乗者への補償
車の補償(車両保険)
自動車保険の特約