自動車保険 補償

相手方への補償について

自動車で事故を起こした場合には被害者である相手方に補償を行わなくてはいけませんが、その際に利用できる自動車保険には対人賠償保険と対物賠償保険の2種類があります。

 

まず対人賠償保険とは、保険を契約された方がお持ちの被保険自動車を使用もしくは管理する中で、自動車事故を起こして他人に対して負傷させたり死亡させてしまった場合に補償を行う保険となります。

 

ここで対象となるのは歩行者や事故を起こした相手側の車に乗車していた人などが範囲となり、契約した側の運転者本人や同乗していた家族などは対象外となりますので保険金は支払われません。

 

この対人賠償保険ではまず自賠責保険で補償金を支払うことになるのですが、その支払額を超える部分について対人賠償保険で保険金が支払われるという形になります。

 

また対物賠償保険とは、保険を契約された方がお持ちの被保険自動車を使用もしくは管理する中で、自動車事故を起こして他人の車など様々な財物に対して損害を与えてしまった場合の補償を行う保険となります。

 

この対物賠償保険は自動車同士の事故で相手方の車や積載している荷物に対してだけでなく、民家の壁や家屋、道路のガードレール・標識・電柱などに接触して損壊した場合の損害賠償にもあてられます。

 

いずれも相手方に与えた損害が被保険者に法律上の損害賠償責任が生じる場合に保険金が支払われることになりますが、その対象外となる事柄も細かく規定されていますのであらかじめ確認しておきましょう。

相手方への補償※自動車保険の相場を知ることがなぜ重要なのか?関連ページ

補償内容と掛金
車両保険に加入するべきか
自分や同乗者への補償
車の補償(車両保険)
自動車保険の特約