人身傷害補償保険

自分や同乗者への補償

自動車保険では、事故に際して相手方が死傷した場合の補償は対人賠償保険がその役割を担っています。

 

ただこの対人賠償保険はあくまで相手方に対する損害賠償であるため、自分が運転する車に同乗している人や自分自身が死傷した場合には対象として含まれません。

 

そのため、運転している自分や同乗者への保険についてはまた別に保険を選択する必要があり、人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険・自損事故保険・無保険車傷害保険などを付加させる必要があります。

 

まず人身傷害補償保険とは、被保険車両に搭乗して事故により死傷した場合、運転手は元より同乗者全員が対象となる保険です。

 

またそれだけに留まらず、被保険車両以外の車に搭乗して死傷した場合や、歩行中に自動車事故にあってしまい死傷した場合にも適用されますので、対象は非常に幅広いと言えます。

 

続いて搭乗者傷害保険とは、被保険車両に搭乗して死傷した場合に運転手と同乗者全員が対象となる保険で、先にご紹介した人身傷害補償保険とは違いこの点のみ対象となっています。

 

自損事故保険とは、被保険者が運転する際に自身の過失により事故を起こした場合でも適用される保険で、飲酒運転や無免許運転などでもない限りは保障の範囲内となります。

 

また無保険車傷害保険とは、事故を起こした相手方が保険に加入していないか規定外の運行で保険金の対象とならない場合などに適用される保険ですが、こちらは負傷では対象とはならず後遺障害や死亡した場合にのみ適用されることになります。

自分や同乗者への補償※自動車保険の相場を知ることがなぜ重要なのか?関連ページ

補償内容と掛金
車両保険に加入するべきか
相手方への補償
車の補償(車両保険)
自動車保険の特約