車両保険 相場

車の補償(車両保険)について

自動車保険で選択項目にある車両保険とは、事故が発生した際にどちらに責任があるか関わらず先に保険金が支払われるタイプの保険となります。

 

一般的に事故が発生した場合には、警察の捜査と保険会社の調査によりどちら側にどれだけの責任があるのか過失割合(責任割合)を判定します。

 

自動車事故は単純な物ばかりでなく様々な要素が絡み合った結果発生するケースもありますので、過失割合は双方が30:70、50:50、0:100などと責任の割合を判断した上で、それに応じた保険金が支払われることになるのです。

 

ただこうした判定はすぐに行えるものではなく、ある程度は時間をかけて精査しなければなりませんので、結果が判明して保険金が支払われるまではそれなりの時間を必要とすることになります。

 

しかし車両保険に加入している場合には、相手方との過失割合がなかなか決定しない段階でも素早く保険金が手にすることができますので、事故にあった車をすぐに修理に出すことができるようになります。

 

また対象となるのはそれだけに留まらず、火災・台風・盗難などで被害にあった場合でも補償の対象となりますので、より高い安心を得ることができます。

 

ただ自動車保険の補償の幅をどこまで増やすかは、支払う保険料の増減にも直結することになりますので、保険料がやや上がってしまう車両保険を付けないという方も非常に多くおります。

 

しかしながら自動車保険に関してはいつ何時災難にあうかはわからず、またその際に多額の費用も要する場合もありますので、よくよく考えておきましょう。

車の補償(車両保険)※自動車保険の相場を知ることがなぜ重要なのか?関連ページ

補償内容と掛金
車両保険に加入するべきか
相手方への補償
自分や同乗者への補償
自動車保険の特約