自動車保険 特約

自動車保険の特約について

自動車保険では、基本となる保険項目だけでなくその他特約も様々ありますので、ご自身の現在の状況や将来のことを踏まえて必要な事柄を付随させることが大切になってきます、

 

ではその他特約と呼ばれるものにはどういった事柄があるのでしょうか、保険会社により名称が変わる場合もありますが、年齢条件・運転者限定・弁護士費用・身の回り品・ファミリーバイクなどが代表的な存在となります。

 

まず年齢条件とは、被保険車両を運転する運転者の年齢範囲を狭めておく事により保険料を安くすることができる項目です。

 

保険会社により異なりますが年齢条件は全年齢担保・21歳以上担保・26歳以上担保・30歳以上担保などのように分かれており、年齢的にベテランのドライバーの場合は保険料が安くなります。

 

続いて運転者限定とは、被保険車両の運転を本人限定・配偶者限定・家族限定のいずれかに設定することで保険料を安く抑えることができる項目です。

 

弁護士費用とは、もらい事故において死傷などの被害を受けた際に必要となる弁護士費用や訴訟費用などに対して保険金を補償する保険です。

 

身の回り品とは、車両保険が適用される事故や災害にあった際に、車の中やトランクなどに保管してあった物品など身の回り品に対して保障がされる特約となります。

 

ただ車内にあれば何でも身の回り品になるわけではなく、規定により保障の対象とならない物品もあります。

 

またファミリーバイクとは、被保険者の方が自動車以外に125cc未満のバイクに適用される保険となります。

 

こうした様々なその他特約を上手く活用することで、さらにお得にさらに安く保険を利用することができます。

自動車保険の特約※自動車保険の相場を知ることがなぜ重要なのか?関連ページ

補償内容と掛金
車両保険に加入するべきか
相手方への補償
自分や同乗者への補償
車の補償(車両保険)