自動車保険 相場

通販型と代理店型の違い

自動車保険には代理店型と通販型と呼ばれるものがあるのですが、この双方にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

まず代理店型とは、保険会社と直接契約するのではなく間に代理店が入るタイプのもので、この代理店は顧客の要望をしっかりと踏まえて保険を紹介してくれますので、自分が求めたいところをしっかりとカバーしてくれます。

 

自動車保険に関わらず、生命保険など他のいずれの保険でもその内容や補償などがわかりにくいもので、本来は必要としない補償まで含めて割高になってしまったり、または逆に必要とすべき補償をつけておらずに後に大きな問題へと発展してしまうケースもあります。

 

しかし代理店型の自動車保険を申し込む場合には、保険会社の外交員ではなく代理店という第三者の目で適正な助言を受けることができますので、全てを理解して納得した上で契約を結ぶことができます。

 

またの地に万が一の事態に陥っても、保険会社だけでなく代理店の方にも相談できますので、非常に安心感があるといえます。

 

一方で通販型と呼ばれる保険は90年代に入り始めて登場した比較的に若いサービスで、現在テレビなどの広告で見る自動車保険はほとんどがこちらのタイプとなっています。

 

通販型は保険会社のホームページから直接申し込みを行うため、代理店などを通さない分だけ安い保険料となるのが大きなメリットであり違いであると言えます。

 

ただ金額を落とせる一方で本当に必要な補償を見落としてしまう可能性もありますので、双方の保険の違いをよく理解して選択しましょう。

通販型と代理店型の違い※自動車保険の相場を知ることがなぜ重要なのか?関連ページ

自動車保険の種類と内容
通販型自動車保険の特徴
リスク細分型自動車保険
任意保険と強制保険の違い
自動車保険の相場