自動車保険 相場

任意保険と強制保険の違い

自動車保険は大きく分けて任意保険と強制保険の2種類があるのですが、それぞれどういった違いがあるのでしょうか。

 

まず任意保険についてですが、これは呼んで字のごとく車を持つ運転者の方が任意で加入する保険となり、テレビCMなどで見られる自動車保険は全てがこちらの保険に該当しています。

 

車の事故には様々な形態があるもので、まず人身事故による対人に関しては強制保険でまかない、その不足分を任意の方で充当することになります。

 

また、それ以外に物損事故では任意保険で賄うことになりますので、保険を契約する際には保障の範囲をどこまで広げるのか、車を使う頻度やご自身の運転の腕、または車の特製などさまざまな要素を加味した上で契約内容を考えましょう。

 

一方で強制保険とはその名の通り強制的に加入しなければならない保険で、正式には自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と呼ばれています。

 

こちらの保険は法律に基づいて加入が義務付けられていますので任意とは違い加入しないという選択肢は無く、未加入で運転した場合には1年以下の懲役または50万円以下の罰金というかなり厳しい罰則が科せられます。

 

この強制保険は先にご紹介したように人身事故による対人の保障に特化しているため、被保険者が車の運転で人を負傷や死亡させた場合に損害賠償が支払われることになります。

 

いずれもそれぞれで役割が大きく異なり、保障の対象も大きく違いますので、どちらかに入ればよいというのではなく双方に加入することが大切になります。

任意保険と強制保険の違い※自動車保険の相場を知ることがなぜ重要なのか?関連ページ

自動車保険の種類と内容
通販型と代理店型の違い
通販型自動車保険の特徴
リスク細分型自動車保険
自動車保険の相場