自動車保険 相場

自動車保険の種類と内容

自動車保険は強制保険と任意保険に分かれており、一般的に保険の見直しをする際には任意保険の方を見直すことになるのですが、どのような種類がありそれぞれどういった内容となっているのでしょうか。

 

まず自動車保険は傷害と物に対する補償で分けることができ、傷害に対する補償には“対人賠償保険、搭乗者傷害保険、人身傷害保険”などの種類が挙げられます。

 

対人賠償保険とは、事故により第三者である“歩行者、同乗者、相手の自動車の乗員”などに怪我を負わせたり死亡させて損害賠償の責任が生じた場合に、自賠責保険の不足部分に対して補償がなされる保険です。

 

搭乗者傷害保険とは、事故により契約している車両の搭乗している“運転手、同乗者”などに怪我を負わせたり死亡させた場合に保険金が支給される内容の保険です。対人賠償保険は第三者である一方で、こちらの場合は運転手や家族も対象に含まれます。

 

人身傷害保険とは、無保険車傷害保険・自損事故保険・搭乗者傷害保険などの要素を包含した保険で、自動車事故による怪我や死亡などはもちろん歩行中に巻き込まれた事故も対象となります。

 

つづいてに対する補償として“対物賠償保険、車両保険”などの種類が挙げられます。

 

対物賠償保険とは、事故により第三者の所有する“自動車、建物、壁、電柱、ガードレール”などを損壊させて損害賠償の責任が生じた場合に補償がなされる内容の保険です。

 

車両保険とは、事故・盗難・天災などにより契約している車両が受けた損害に対し補償される保険です。

 

このように自動車保険には対象や補償内容により様々な種類があるのです。

自動車保険の種類と内容※自動車保険の相場を知ることがなぜ重要なのか?関連ページ

通販型と代理店型の違い
通販型自動車保険の特徴
リスク細分型自動車保険
任意保険と強制保険の違い
自動車保険の相場